MVNO・格安SIMを徹底比較するサイト

MVNO/格安SIMを比較!一番分かりやすい選び方のサイト

SIMカードのイラスト

2015年5月にSIMロック解除/SIMフリー義務化が総務省により行われてからMVNO(仮想移動体通信事業者)は徐々に浸透しはじめました。何よりも毎月のスマホ料金が安いことが人気の理由です。

一般的なキャリアスマホの場合、基本料金にデータパックをつけるため月々7,000円~8,000円程度の利用料を払っている方が多いと思います。しかしMVNOで契約した場合は同じようなプランであっても2,000円~3,000円程度で抑えることができます。極限まで安く抑えようとすれば月額500円で持つことも可能です。

にも関わらずMVNO・格安SIMの普及は広がっていません。MMD研究所が2016年6月に行った調査によれば格安SIMの利用率は14.7%でした。

調べれば調べるほどお得なのになぜ普及率がイマイチなのでしょうか?その最大の理由は『よく分からないから』です。

スマホ代が安くなるらしいというのは知っていても、仕組みが複雑だから、手続きがよく分からないから、なんか不安、などの理由で8割以上の方が今のキャリアで契約を続けている。

すべての方にMVNOが必要とは決して言いませんが、よく分からないという理由で選択肢に入らないというのはモッタイナイです。そこでここでは格安SIMに興味があるけどよくわかってないという方向けにできるだけかみくだいて解説をしたいと思います。キーワードは『一番分かりやすいMVNO/格安SIM選びのサイト』です!ぜひ見ていってください!

MVNO事業者はいまや500社以上もあるとされていて選ぶのは大変です。自分で調べるにはひとつひとつ調べるのには手間です。

ここでは主要なMVNO事業者(知名度やユーザー数などが多い)をまずピックアップして特にオススメできるところを紹介しています!

「結局MVNOってどこがいいの?」

そう思ったらこのランキングを参考にしてみてください!

MVNO/格安SIMのおすすめランキング

楽天モバイル
楽天モバイル
最安価格
月額525円~
総合評価
★★★★★

MVNOシェアNo.1の楽天モバイル!トップクラスの安さと端末の充実度、支払い方法の豊富さなどを兼ね備えてます。さらにスーパーホーダイプランは楽天会員の方がグッと安くなるのでオススメです。

キャンペーン情報
  • スーパーホーダイ長期契約で、現金最大2万円キャッシュバック!
  • シェアNo.1獲得記念!大感謝セールで端末大幅割引中
Mineo(マイネオ)
マイネオ
最安価格
月額700円~
総合評価
★★★★☆

顧客満足度第1位!!多くの方に選ばれる格安SIM業者のmineo(マイネオ)です。docomo回線とau回線の両方に対応している人気の会社です。

キャンペーン情報
  • デュアルタイプ新規申込で6ヶ月間ず~っと基本料金900円割引!!
  • 「mineoでんわ 10分かけ放題」が最大2ヶ月無料に!!
IIJmio(みおふぉん)
みおふぉん
最安価格
月額900円~
総合評価
★★★★☆

MVNO一次業者として信頼度抜群なのがIIJmioです。docomo回線とau回線が両方選べるのに加え、電話かけ放題や家族シェアプランなど豊富なオプションがあります。

キャンペーン情報
  • 対象スマホの購入でAmazonギフト券を最大5,000円分プレゼント
  • スマホと音声SIMセットの申込でAmazonギフト券を最大10,000円分プレゼント
UQ mobile
UQモバイル
最安価格
月額980円~
総合評価
★★★☆☆

TVCMでお馴染みのUQmobileは、スマホ本体とぜんぶコミコミで1,480円/月~使える人気のMVNO業者です。端末も豊富なラインナップが揃っていてiPhoneも選べます。

キャンペーン情報
  • ぴったりプラン、おしゃべりプランにてデータ容量2倍!2年間無料キャンペーン
  • UQゼロ学割で、月額基本使用料最大3ヶ月無料&データ容量が2倍
DMM mobile
DMMモバイル
最安価格
月額440円~
総合評価
★★★☆☆

業界最安値!スマホ料金の安さに関してはDMMモバイルがNO.1です。圧倒的安さでデータ容量プランの豊富さで人気がある事業者になっています。

キャンペーン情報
  • 契約者の方全員に、DMMポイントを利用金額の10%還元!!

格安SIMは「データ専用」「通話機能付き」の2種類ある

MVNOで販売されているSIMカードはおおまかに2種類あります。「データ専用SIM」と「音声通話機能付きSIM」です。まずはこれを覚えておきましょう。

名称 データ通信 電話機能 特徴
データ専用SIM × データ通信に特化しているSIMカード
電話機能は付いていないが、ネット利用・動画視聴・LINEやSNSアプリ利用などはできる
料金が安いので維持費はかなり抑えられる
音声通話機能付きSIM データSIMに通話機能がついているSIMカード
料金は少し高いが090/080番号がついていてキャリアからのMNPも対応
ただし無料通話分は付いていないので使いすぎに注意

ここにさらにSMS機能をオプションで付けるかどうかを決めます。SMS機能(ショートメッセージサービス)はLINEを利用している人には必須です。LINEは「SMS認証」という方式で個人を認証しているからです。

このSMS機能はMVNO事業者によって有料か無料かが違います。有料の場合は、毎月の利用料に+150円程度で付けられます。

※SMS機能があればLINEの利用は問題ありませんがID検索機能は使えません。ID検索はキャリアの契約情報に沿って年齢確認するため、格安SIMでは現状どうやっても使うことができません。(LINEモバイル以外)

【ピックアップ!!】MVNO・格安SIMを初めて契約する方へ

これだけMVNOが乱立するとどれを選べば良いのか分からなくなってきます。各社競って料金を安くするのはまだいいとしても、どんどん複雑化する料金プランはちょっとどうにかしてほしいですよね。

ここで紹介するMVNOが一番いいのは間違いないのでその通りに選んでいただければいいのですが、ご自分で判断する目をもちたいというのも最もだと思います。ここでは「MVNOをどうやって選べば良いのか」という視点にたって紹介していきます。

当サイトについて

このサイトは大手携帯キャリアからはじめてMVNO(仮想移動体通信事業者)へ乗り換えを検討している人へ向けた解説サイトです。au、docomo、softbankなどのキャリアほど料金体系は複雑ではありませんが、それでも慣れていない人にはわからないでしょう。また事業者の数は500社を超えています。TVCMをやっているような大手MVNOもあれば名前も聞いたことがないような零細もあるのですが、それでもこれだけの数があると一体どれを選べばいいのか迷ってしまいますね。もちろん格安SIMを選べばどこであっても携帯代・スマホ代は今よりも安くなるでしょう。しかしデータSIM・通話SIM・SMS機能の有無など自分にあったSIMカードやプランなどを自分で選択しなければいけないためまだまだとっつきにくいのが現状です。このサイトではそんなMVNOへの壁を壊すことを目標にしています。格安スマホのメリットはもちろん、買い換えることでのデメリットなどもしっかりとお伝えしていきます。そして最終的にはみなさんのスマホ代を今より大幅に安く、節約してみせます!これからの日本で格安SIMを使う人がもっと増えることを祈って。
更新履歴