MVNOを契約するベストなタイミング

MVNOを契約するベストなタイミング

キャリアを解約してMVNOへ移ろうと思ったときに一番ネックになるのが違約金の存在です。大手キャリアでは基本的に契約期間は2年間と決められており、その期間中に解約してMVNOを含めた他社へ移ろうとすると高額な費用を払わされてしまいます。

▼契約期間中にキャリアを解約した際にかかる費用
・違約金(9,500円~)
・スマホ機種代金の残り金額

では、MVNOへ乗り換えするベストなタイミングとはいつなのでしょうか?

MVNOへの切り替えタイミングは『更新月』がベスト

答えは2年間の契約期間が終了した更新月です。更新月は2ヶ月間用意されているので、その間にキャリアを解約してMVNOへ乗り換え手続きを進めます。

▼更新月(または契約満了月)の基礎知識

大手キャリアでは契約した人を囲い込むために最低利用期間なる縛りをつけています。たとえば2年縛りでは契約期間の2年間は解約しようとしても違約金が発生するため、ユーザーも気軽に解約できなくなっています。。

▼この更新月を逃すとどうなるか?

更新月の2ヶ月間のタイミングを逃してしまうと、自動的に2年契約が更新されてしまいます。つまりもう2年間は最低利用しなければならなくなり、途中解約は当然高額な違約金が課せられてしまいます。

▼更新月をどうやって確認するか?

ドコモ → My docomoよりログインして確認する

au → My auよりログインして確認する

ソフトバンク → My softbankよりログインして確認する

スマホの機種代金を一括で返済する

途中解約の違約金は更新月以外はどうしても免除されませんが、スマホの機種代金は一括返済という手があります。

たとえば契約時にスマホ端末も購入して残り1年の契約期間を残したまま解約するとします。スマホ本体が2.4万円だとしたら残り1.2万円の支払い義務が生じます。そこを残り1.2万円を一括で返済すればいいのです。

元々、MVNOに乗り換えすることで年間数万円の節約になるわけですから長い目でみれば損はしません。

ただしスマホ機種代金を分割で払っているときに割引が適用されているケースがあります。そういった方が一括返済しようとすると、当然割引がされず元の正規金額を支払わなければいけないので注意が必要です。

MVNOへ乗り換えする際にかかる費用一覧

上記の「解約違約金」「スマホ機種代金の残り」以外にも乗り換えにかかる費用はいくつかあります。

  • MNP転出手数料:3,000円
  • 契約事務手数料(MVNO側):3,000円

最初の出費が大きくあるのでそこで注意しておきましょう。