音声通話対応のMVNO比較

音声通話対応のMVNO比較

このページでは電話ができるSIMカード、つまり音声通話機能付きSIMについて比較しています。

今お使いの090/080番号などをそのまま使い方はMNP番号を取得して、以下で紹介するMVNO事業者へ乗り換えをしてください。その際にSIMの種類は「音声通話機能付きSIM」を選んでください。

あとはデータ容量を何GBにするかによって値段が変わります。決してパッと見の安さで選ばないでください。自分が月間どのくらいデータを消費するのかを考えながら各社の料金を比較しましょう!

格安スマホというくらいですからMVNO選びで一番重要なのはどこが安くてお得かという点です。しかし当然ですがただ安いだけではダメです。安かろう悪かろうという言葉もあるように、安すぎる価格には裏があります。なのでここでは安さと同時にどこがデメリットなのかも合わせてご紹介します。

データ容量3GBでMVNO事業者を比較

  • DMMモバイル 月額1,500円
  • U-mobile 月額1,580円
  • 楽天モバイル 月額1,600円
  • IIJmio 月額1,600円
  • mineo 月額1,600円
  • UQ mobile 月額1,680円

楽天モバイル

月額料金
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円
20GBプラン 4,750円
30GBプラン 6,150円

IIJmio

月額料金
ミニマムスタートプラン(3GB) 1,600円
ライトスタートプラン (6GB) 2,220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 3,260円

mineo

月額料金
500MB 1,400円
1GB 1,500円
3GB 1,600円
5GB 2,280円
10GB 3,220円

DMMモバイル

月額料金
1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 3,980円
20GB 4,680円

U-mobile

月額料金
3GB 1,580円
5GB 1,980円
無制限 2,980円

UQ mobile

月額料金
データ高速+音声通話プラン(3GB) 1,680円

MVNOの格安SIMにはSIMカードの種類があります。基本的にはデータ通信専用SIMと音声通話対応のSIMの2種類です。スマートフォンに電話機能をつけるかつけないかだけなのですが、他にもいろいろ考えなければいけません。音声通話SIMにもデータ通信容量がありますのでそれが何ギガ必要かということやSMS機能は使うかなどです。

そして音声通話対応SIMの中でもとくに電話をよくするという人は電話かけ放題や無料通話分などのオプションプランがあるMVNOを選ぶ必要があります。

あとはMNP(ナンバーポータビリティ制度)をつかって今つかっている電話番号をそのままにMVNOへ乗り換えるときもこの通話対応SIMを選ぶ必要があります。