MVNOでLINEは使えるの?

MVNOでLINEは使えるの?

連絡ツールの定番であるLINE(ライン)。LINEが使えなくなると日常生活で困ることが多くなりますが、MVNOでも問題なく使えるのでしょうか。

結論からいうと、MVNOであっても普通にLINEを使うことができます。ただし1つだけ、『ID検索』の機能だけ使えなくなってしまいます。

なぜLINEのID検索が使えないのか?

LINEのID検索はそもそも18歳未満のユーザーでは使うことができません。これは青少年保護を目的とした導入された対策で、その区別をするためにユーザーの年齢確認が必要となってきます。

LINEのアプリを入れるとまず以下のような年齢認証の画面が表れますが、これは大手キャリアの契約情報を照会して確認する仕組みになっています。

つまりキャリアのスマホを使っていないMVNOユーザーではこの年齢認証を突破できない訳であり、LINEのID検索を使えないという訳です。

LINEモバイルなら唯一、ID検索が使える!

じつは全MVNO業者の中で唯一LINEモバイルはID検索機能が使えます。これはLINEが販売している格安SIMだからこその特権です。

どうしてもID検索がほしいという人はLINEモバイルを検討してみるといいでしょう。

LINEの友達追加にはID検索以外に3つの方法がある

ID検索はLINEの友達追加でよく使う方法ではありますが、他にも3つのやり方があります。

○URL発行して招待
○QRコード
○ふるふる

これらの方法があればまったく問題なく友だち追加ができるでしょう。

▼ネット上の友達とLINE交換するには?

最近ではTwitterやInstagramなどのアプリを通して繋がった友達とLINEを交換することもあると思います。その場合でもID検索以外の方法で十分事足ります。

・URL発行して招待
自分専用のURLを発行してメールやDMなどで相手に送れます。

・QRコード
自分のQRコード画面をスクリーンショットして相手に画像を送れば友達追加できます。

MVNOで問題なくLINEを使う時のTIPS

▼LINEを使うならSMS機能付きSIMを選ぼう

MVNOにはSIMカードの種類が「データ専用SIM」「SMS機能付きデータSIM」「音声通話機能付きSIM」の3種あります。。

一番左のデータ専用SIMが一番利用料が安いのですが、LINEを使うためには「SMS機能付きデータSIM」を選ぶことをオススメします。

理由としてはLINEアプリを使う時に本人確認のためにSMS認証という方法を使うからです。SMSに認証番号が送られてきてその番号をアプリに入力することで本人確認がとれ、LINEを使うことができます。

データ専用SIMだとこの方法ができずLINEを使えないのです。(音声通話機能SIMなら問題なくできます)

-----どうしてもデータ専用SIMで費用を安く抑えたいなら-----

▼Facebook認証という手もあり

実はLINEではSMS認証以外にも、Facebookアカウントによる認証もできます。「Facebookでログイン」をタップして進めばLINEを使うことができます。

この方法であればデータ専用SIMでもLINEを使うことができ、最低限の費用でスマホを持つことができます。

▼家族のスマホ・ガラケーを借りる

裏技にはなりますが家族のスマホやガラケーの電話番号を借りて認証を済ませるという手もあります。まず認証画面で家族の電話番号を入力します。家族のスマホなどに認証番号が届きますのであとはその番号を自分のLINEアプリにいれて登録すれば突破できます。

ただしひとつの電話番号でLINEアカウントは1つしか作れません。ですからあなたが家族の電話番号を使ってしまうとその方はLINEを使うことができなくなります。

なのでLINEを使っていない/使う予定がない家族がいる場合のみ試せる方法だと知っておきましょう。

-----------------------------------------------------------

LINEをパーフェクトに使うならLINEモバイル

LINEモバイルはLINEのヘビーユーザーにとって最高のMVNOです。主に以下の2つの特典があります。

○ID検索がつかえる ○LINEアプリなどSNSのカウントフリー

ID検索はキャリアの年齢認証をしなくても使えますし、カウントフリーというのはLINEアプリを使っている間はデータ通信量を消費しないという機能です。

たとえば月間1GBしか使えないデータSIMの場合、少しでもデータ容量を節約したいはずです。その際にLINEやTwitter、Facebook、Instagramといった私たちがよく見るSNSにおいてデータ容量を消費しないでいてくれるのです。

これはかなりのメリットになります。