IIJmioの評判やデメリットってどうなの?

IIJmioってどうなの?リアルな評判やデメリットを辛口で評価してみた

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)はお客様満足度No.1に選ばれている人気のMVNOです。料金の安さはもちろんですがそれ以上に信頼度が高いのもあります。

MVNOの中でも一次業者と呼ばれておりNTTdocomoなどから直接回線を借り受けていて、それをさらにIIJmioが他社へ貸し出しています。

他にも人気のあるプランとして通話定額プランがあります。家族と30分無料、誰とでも10分無料など便利な通話プランです。さらにみおふぉんダイヤルというアプリを使えば誰にかけても通話料が50%オフで使えます。

公式サイトはこちら
まずは3つの特徴をチェック!!
Check1料金の安さ:◯

IIJmioではスマホとネットと通話が3つセットになったコミコミセットがあります。端末とSIMを別々に契約するよりもかなり安くおすすめです。

さらに定期的に行っているキャンペーンでは初期費用割引やかけ放題が一定期間無料になるなどオトクな料金で利用できます。

Check2通信速度の速さ:◯

通信速度も安定していて非常に使いやすいです。そもそもIIJmioは厳密に言うとMVNOではなくMVNEと呼ばれる一次業者。キャリアから借りた回線をさらにMVNOへ貸出しています。

その関係もあり自社で積極的に設備投資を行っているためかなり快適な通信環境を維持できています。

Check3契約の分かりやすさ:◯

契約も変な落とし穴などなく分かりやすいです。ドコモ回線とau回線の両方をつかえるのも嬉しいポイントです。

公式サイトはこちら

IIJmioの料金プラン

基本プラン

IIJmioのプランは基本的にデータ容量によって3種類に分かれます。それにドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)を選択できます。

【IIJmio(Dプラン)の場合】

データ通信専用SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1,040円 1,600円
ライトスタートプラン(6GB) 1,520円 1,660円 2,220円
ファミリーシェアプラン(12GB) 2,560円 2,700円 3,260円

注意点としてデータ通信専用SIMはドコモ回線しか使えません。

コミコミプラン

スマホ端末とセットになった料金プランは「入門モデル」「標準モデル」「高機能モデル」と3つの価格帯に分かれます。

月額料金
入門モデル 月額1,880円(13ヶ月以降は+1,000円)
標準モデル 月額2,480円(13ヶ月以降は+1,000円)
高機能モデル 月額2,980円(13ヶ月以降は+1,000円)

名前の通りぜーんぶ込みの値段なのでかなりお得な料金となっています。

IIJmioのメリットはここ!

端末種類が多く、販売価格も安い

IIJmioに申し込むユーザーの40%がスマホ端末を同時購入しているようですがやはりその種類の多さは魅力です。

他のMVNOにはないような渋いけど売れ線のスマートフォンを用意してくれているのがニクいです。

今ですと『OPPO Find X』などが人気です。

OPPOというと聞覚えがない方も多いかもしれませんが実は世界第5位のスマホメーカーです。つい最近日本上陸したばかりでキャリアでも当然取り扱いがないこの機種を、IIJmioではいち早く販売しているのです。

他にも『motorola Moto E5』や『HTC U12+』など渋い機種が多々あります。

さらに販売価格も他社よりも安く設定されていることが多いので、スマホ本体の購入を検討しているならIIJmioをチェックしておくといいでしょう。

SIMカードが2枚貰える!

通常のデータ専用SIMや音声通話SIMを契約してもSIMカードを2枚までもらうことができます。なのでスマホ2台持ちの人は両方にSIMを入れることができますし、タブレットにいれて使うことも可能です。

このカード2枚配布はかなり太っ腹な制度です。IIJmioにしかない大きなメリットと言えるでしょう!

2年縛りなし

スマホの契約は2年間というイメージがあるかもしれませんがIIJmioでは2年縛りはありません。最低利用期間は「利用開始日の翌月末日まで」です。

途中解約による違約金の発生はもちろん、2年経ったときの自動更新などもありません。

この業界の常識を覆したような制度のおかげで我々ユーザーとしてはいつでも安心して自由に乗り換えができます。

データ容量を家族で共有できる

IIJmioにはMVNOの中でも数少ないファミリープランがあります。このプランなら家族でデータ容量をシェアし合うことができて便利ですし料金もそれぞれが契約するよりグッと安くなります。

通話かけ放題も家族間であれば最大30分無料とかなりお得なプランになります。

IIJmioのデメリットはここ!

データ容量プランの種類が少ない

IIJmioのデータ容量プランは「3GB」「6GB」「12GB」しか用意されていません。3GBも使わないという人であってもそれ以下のものはありませんし、20GB・30GBと大量にギガを消費しますという人でも12GB以上は用意されていません。

けっこうこの辺りが不便です。

とくに格安SIMは最安値で維持したいというニーズがかなりあるので、最安のMVNOを探している人にとってはIIJmioはあまり魅力がないかもしれません。

コミコミプランの通話は3分まで

通話がセットになったコミコミプランですが3分までしか無料で使えません。1回の平均通話時間は2分25秒というデータもあるので十分な人も多いですが、それ以上使いたい人にとっては少し不便。

その分他社より安くなっているとも考えられますね。

ファミリープランは同一名義で契約する必要あり

ファミリープランを家族で利用するには誰か一人の名義で契約しなければいけません。

たとえばキャリアで家族5人がそれぞれの名前で契約しているとしたら、一旦4人の名義を代表者1人の名義に変更してから乗り換えをしないといけません。これは非常に面倒くさい。

ファミリープランは便利ではありますがこういった契約上の手間があるため、現状は使い慣れている人にしかオススメできません。

IIJmioの評価まとめ

IIJmioってどんな会社?

○ 端末ラインナップが多くてニッチな機種が安く売っている

○ コミコミプランが安い

○ 顧客満足度が高くトップクラスで信頼できる会社

IIJmioはどんな人におすすめ?

○ 端末種類が多くて安いので、スマホ本体購入する方

縛りがないためキャリアからの乗り換えを検討してる方

SIMカード2枚ほしい方

IIJmio(みおふぉん)への申込みはコチラ!

みおふぉん
月額料金
900円/月
データ量
3GB/月
公式サイトはこちら