通話かけ放題のMVNOを比較

通話かけ放題があるMVNO/格安SIMを比較!

MVNO・格安SIMで一番人気があるのが「通話かけ放題(定額プラン)」です。

*家族間で短い電話をよくする
*電話は用件だけなので長電話はしない
*回数を気にしない定額プランがいい

こういったニーズに応えることができます。

通話時間は「3分以内」「5分以内」「10分以内」など細かく分けられているので自分に合うものを選択できます。回線は無制限でかけられます。

価格としても月々の料金に+500~1,000円程度。こういった電話機能の定額プランはリーズナブルなので今や多くの人が利用しています。

ただし、家族や恋人、友人などと1時間~2時間も長電話するという人にはMVNOの通話定額プランは少し物足りないかもしれません。

MVNOの通話定額は「プレフィックス方式」

MVNO/格安SIMで使える通話方式は主に3種類あります。そしてMVNOの「通話し放題」サービスで一般的なのは『2.プレフィックス方式』となります。

1.通常電話(キャリア回線)

大手キャリアと同様にスマホの電話アプリを通して通話をする方法です。 通常の電話回線網を利用するため、通話品質も良好で会話も途切れにくいです。

2.中継電話(プレフィックス回線)

発信するとき電話番号の頭にプレフィックス番号をつけて発信することで、MVNOが用意した中継設備を通して相手に着信します。

これにより大幅に通話料金を下げることができます。プレフィックス番号を付与するために専用のアプリを介して発信する必要があります。 相手方には通常の電話番号が表示されるため安心して使うことができます。

3.IP電話

携帯電話回線網ではなく、インターネット回線を通して発着信をする電話です。通話料金はかかりませんがパケット通信が発生します。

一般的なのが「LINE電話」や「Skype(スカイプ)」などです。音声通話機能がないデータ専用SIMカードでも利用できます。

名称 料金 品質 特徴
キャリア回線 大手キャリアと同様の回線網
中継電話(プレフィックス) 専用のアプリを介して発着信
相手側は090/080から始まる通常の電話番号が表示される
IP電話(インターネット) アプリ同士での発着信
相手側も同じアプリをインストールする必要あり

要は通常の電話アプリではなく専用のアプリを使って電話をかける方式です。ちょっと手間ではありますが慣れると全然気になりません。

おまけに通話品質もよく、料金は半額なのに、相手方にもふつうの電話と変わらずにかけることができるのでかなり重宝します。

専用アプリから110番・119番は発信できない

料金が安くなるなどメリットの多い中継電話ですが、実は一つだけデメリットがあります。それは専用アプリからは110番・119番などの緊急通報はかけられないこと。

▼専用アプリでかけられないこと

・110番:警察への緊急通報
・119番:消防・救急への緊急通報
・118番
・171番
・ナビダイヤル
・フリーダイヤル

地震や台風といった災害時などに緊急通報が使えないと困ってしまいます。

しかしあくまで専用アプリから3桁番号への緊急通報ができないだけで、MVNO・格安SIMで緊急通報ができないわけではありません。

MVNO独自の中継設備を通したプレフィックス方式では110番などの緊急通報が利用できませんが、元々の機能として付いている電話から発信できます。

専用アプリを介してないので電話料金は無料になりませんし、半額にもなりません。ですが音声通話機能付きSIMを契約していれば通話自体はなんの問題もなくできます。

通話かけ放題があるMVNO/格安SIM会社まとめ

キャリア回線の定額プランがある会社
電話かけ放題 プラン詳細 詳細
Y!mobile 10分かけ放題 詳細
中継電話の定額プランがある会社一覧
電話かけ放題 プラン詳細 詳細
楽天モバイル 10分かけ放題 詳細
BIGLOBE SIM 10分かけ放題 詳細
マイネオ 10分かけ放題 詳細
IIJmio 10分かけ放題 詳細
イオンモバイル 10分かけ放題 詳細

Y!mobile
キャリア回線

ワイモバイルの「だれとでも定額」なら国内電話10分以内がすべて無料になります。他社と違う一番の特徴は、アプリ不要でかけ放題なキャリア回線の電話であること。

*アプリ必要なし
*国内通話10分かけ放題(回線制限なし)
*他社ケータイ・固定電話などOK

またこの通話定額サービスは「スマホプラン」を利用することでよりお得になります!

スマホプランS 月額1,980円 10分かけ放題 3GB/月
スマホプランM 月額2,980円 10分かけ放題 9GB/月
スマホプランL 月額4,980円 10分かけ放題 21GB/月

回線網はソフトバンクエリア対応なので日本全国で通話品質も安定しています。

楽天モバイル
中継電話

楽天モバイルでは「楽天でんわ10分かけ放題 by楽天モバイル」というオプションサービスを月額850円で提供しています。

国内通話10分以内であれば何回でも無料でかけることができます。「楽天でんわ」という専用アプリを用いた中継電話(プレフィックス回線)です。

楽天でんわ

また「スーパーホーダイプラン」を選べば国内通話10分かけ放題がセットになったお得な料金体系で利用できます。

プランS 月額1,480円(2年) 10分かけ放題 2GB/月
プランM 月額2,480円(2年) 10分かけ放題 6GB/月
プランL 月額4,480円(2年) 10分かけ放題 14GB/月
プランLL 月額5,480円(2年) 10分かけ放題 24GB/月

回線網はソフトバンクエリア対応なので日本全国で通話品質も安定しています。

IIJmio(みおふぉん)
中継電話

IIJmioでは通話時間に合わせて2種類の定額プランが用意されています。

自分の使い方に合わせてプランを選択できるので便利です。ちなみに家族との通話というのは同一mioID(同一SIMカード)を使ってる方が対象です。家族なら他キャリアでもOKということではないので注意が必要です。

またIIJmioも中継電話(プレフィックス回線)となりますので、「みおふぉんダイアル」という専用アプリを介しての通話になります。

1回の通話が短い方向け 月額600円 家族(同一mioID)10分かけ放題 誰とでも3分かけ放題
1回の通話が長い方向け 月額830円 家族(同一mioID)30分かけ放題 誰とでも10分かけ放題

回線網はソフトバンクエリア対応なので日本全国で通話品質も安定しています。

BIGLOBEモバイル
中継電話

BIGLOBEモバイルでは通話定額プランが「3分間」「10分間」と2種類の通話時間から選べます。

3分かけ放題 月額600円
10分かけ放題 月額830円

いずれも専用アプリ「BIGLOBEでんわ」を用いたプレフィックス回線での電話です。

また他にも「最大60分」「最大90分」の無料通話分がついたプランもあります。通話し放題とまではいかなくても月に1時間程度で十分という方はこちらもチェックしてみてください。

mineo(マイネオ)
中継電話

mineoでは専用アプリ「mineoでんわ」からの発信で使える定額プランがあります。アプリ自体は無料で利用できて通話料金も通常の半分(20円/30秒→10円/30秒へ)で済みます。

10分かけ放題 月額850円 国内通話10分以内は何度でもかけ放題

回只今キャンペーン中に伴い「10分かけ放題プラン」が最大3ヶ月無料で使えます。初回申込みのみなのでまだ利用してない方はぜひこの機会にどうぞ!

イオンモバイル
中継電話
IP電話

イオンモバイルでは通話かけ放題サービスとして中継電話(プレフィックス回線)とIP電話(インターネット回線)の2種類を用意しています。

イオンでんわかけ放題S 月額850円 10分まで何度でもかけ放題 090、080など通常と同じ
050かけ放題 月額1,500円 24時間何度でもかけ放題 050番号を新たに付与

携帯・スマホの使い方は人それぞれですが中には電話をかなり使うという人もいるかと思います。家族への電話だったり恋人との長電話だったりと理由はいろいろあると思います。

ところがMVNOの場合、安い分だけ無料通話分がなく、基本の通話料も割高です。そのため何も知らずにいつもの感じで電話を使っていると高額な請求がくる可能性があります。そのためにも電話かけ放題プランを用意しているMVNOがいくつかありますので紹介していきます。

5分間無料や10分間無料など格安SIMによってプラン内容は違いますがきっと大手キャリアに負けない使い勝手のよいプランが見つかるはずです。